LOG IN

【外伝】ジョン(Jeon/전)【Library of ruinaのネタバレ含む】

by アマノケイ

「あの、本当にこっちの道で合ってます?」

「合ってるって……。」

「あのですね、今40分も歩いてるんですけど?お昼だけ軽く食べに行くのに誰がこんな遠くまで行こうっていうんですか?代表にまたなんか言われますよ?私は怒られませんよ、分かってます?」

「どうせあいつがなんか言ったところでな。」

「それなら一体何を食べに行くのかくらいは教えてくれても良いんじゃないですか?」

「……ジョン。」

「はい?何か言いました?」

「あぁもう、とりあえず行ってから食べてみれば分かるって!」

「変なの食べさせるつもりじゃないですよね?悪質なやつだと、美味しいよって食べさせてから全部食べた後に人肉だって教えたらしいです。怖いですよね?」

「先に言っとくけど怪しいところでもないし、変な場所でもない。平凡な材料で料理する美味しいところだからな?」

「そうですか。まぁそっちからどこか食べに行こうって言うのも初めてですし、凄いところなんでしょうね?」

「だからってあんまり期待されるのも困るんだけどな……。」

「…居酒屋?」

「ちょっとくたびれてはいるけど、本当に良いところだから。」

「本当にここなんですか?」

「……。」

「こっちにジョンの盛り合わせ1つとパジョン1つ、あと生マッコリ1瓶!」

「……初デートにこんな場所を選ぶんですか?」

マッコリを噴いた。

「うぅ、汚い……。」

「……デートだって!?」

「私の勘違いだったんですか?まあよく考えてみるとそうですよね。どこか行こうって誘ったとしても先に私を誘うだけで、そのたびに必ず事務所の同僚も呼んでくるわ、依頼を解決するとき以外は2人で行ったことなんて無かったと思いますけど?」

「……ここ、あんまり好きじゃないのか?」

「普通はお昼食べに行こうって、寒い裏路地を1時間も歩いてボロい居酒屋に来たりしませんよ。」

「じゃあ……。」

「でも私は……好きですよ。だから良いと思いますよ。」

「うわぁ、ここのジョン本当に美味しいっちゃ美味しいですね?特にこのパジョンが……。」

「だろ!?ここに連れて来るとみんな微妙な顔するけど、いざここに入ってパジョンとマッコリ食えば美味いっていうんだよな。」

「美味しいものの話をしてるときは完全に別人になりますね。ところで……他に誰かと2人きりで来たことはあるんですか?」

「……知ってるだろ。あいつだよ。」

「嫉妬するくらい仲良いですよね。」

「ほろ酔い気分になってきましたね。昼酒は私の趣味じゃないのに……。」

「これがまた、たま~に食べると凄く美味く感じるんだよな。」

「それで、どんな風の吹き回しでここまで私を連れて来たんですか?」

「……勘が良いから分かると思ったんだけどな。」

「直接聞かないと信じられませんから。」

「……。」

ピビーッ

ピビーッ

ピビーッ

「……緊急呼出しか。」

「時間無いからひとことで言ってください。」

「分かった!分かったよ!実は……」

「好きです。」

「……え?」

「あなたは?」

「……俺もだ。」

君が何日か前に買ったムク工房の最高級の商品を、実験も兼ねて触ったら壊しちまったって話をしようとしてたけど……。

そして俺の気持ちを伝えるのはもうちょっとカッコいいところでやりたかったのに……。

その言葉を聞いた瞬間、そんなのはどうでも良くなった。

「そこのパジョン美味しかったの覚えてますよね?帰りに1つ買ってきてください。」

「ローラン!このままじゃ焦げちゃう!」

「おおっと、危なかった。さぁ!ここでもう一回裏返して……もうちょっとだけ火を通せば……。」

「中々悪くない匂いだね?」

「ローラン印の特製パジョンの完成だ!」

「うわぁ~!ローランって本当に料理が上手なんだね。」

「さあさぁ、ここにマッコリを添えれば完璧だな。ネツァク?」

「どうぞ、種類ごとに用意しました。」

「ガヤガヤするのって良いな。なんだかうきうきするし。」

「ローラン、何か考えごとでもしてた?」

「……ちょっと昔のこと。」

原文↓

OTHER SNAPS