LOG IN

【1話横書き】ねじれ探偵「ねじれが見える」【公認日本語訳】

by アマノケイ

1,原因 2,説明 3,理解 4,認知

私には「ねじれ」が見える。誰もが「ねじれ」を持つことができる。「ねじれ」という名前を誰が付けたのかは分からないが、いつしか人はそう呼ぶようになった。どういった原理なのかもかわらない。今までの経験から見るに、この現象は人々の強烈な感情的熱望と爆発の発現だと推定される。

九区を地獄に作り変えたピアニストが代表的な「ねじれ」として知られている。知っているかもしれないが、それ以降、小さな「ねじれ」が各所で起こっている。例えば段々と身体が魚になっていく人、瞳が空色に染まる人などがいる。

「ねじれ」は私にとって、文字通り視覚的に見える。目には見えるが物理的ではない。上半身が段々と魚に変化する人の場合、私の目には確かに鱗が生えているように見えるが、触ったときには魚の肌ではない、温かい人間の皮膚だった。これを見る限り、私に見える「ねじれ」は虚像である。それならこの現象は、私の精神的幻覚に過ぎないとみなすこともできるだろう。しかし、そうでないので私はこの仕事をしている。

私は「ねじれ」を追っている。それは密やかで露骨だ。「ねじれ」は段々と進んでいく。魚の人、つまり魚人の場合は目が段々と魚の目のように変化し、エラができて、鱗が生えて魚のように変わっていった。そうして上半身が文字通り魚に成り変わっていったとき、それは突然物理的に発現したのだ。そのときになって、私の目だけではなく、全ての人間が人魚を見ることができ、触ったときに魚らしさを生々しく感じることができた。

魚人(ケース#5)は、19区の漁村で苛められてきた人だった。いつも大湖を見つめながら今の自分の人生から抜け出したがっていたように思えた。苦しい自分の人生をから開放されて湖に行きたがっていた、水を切望しすぎたあまり魚人になったのが私の結論だ。もちろんこの話よりも複雑ないくつかの要素もあるだろうが、これから話そうとしていることは魚人の話ではないので、この事件に関しての説明は省くものとする。

私の仕事は「ねじれ」を観察して予防することだ。それぞれが持つ「ねじれ」は程度によって異なる。「ねじれ」が見えるようになってから、まともな人間の姿を見たことはない。

はっきりと言っておくが、私はこの「ねじれ」という現象を科学的に説明することはできない。ある日突然、私の目に見えるようになっただけだ。私は他の人より早く察しただけだ。あらかじめわかる分、「ねじれ」が発現する前に対処するよう努める。それが私の仕事だ。目に見えるねじれを推理し、因果関係を分析して報告するのみ。

私は「昇天現象」により、職員を失った会社に雇われた。そして目が空色で満たされた職員を選別した。会社からはその職員にサングラスを着用することを勧告した。空を目に溜め込まないようにサングラスを支給するという発送はとても奇抜で思わず笑ってしまった。空が青くないからといって、職員の退屈な人生が良くなったわけではないだろうけど、「昇天」による失踪は起こらなかった。

しかし、空色を目に溜めていた人々はこれ以降、空ではなく地に向かうようになった。空ともっと近くなりたいから屋上に登ったのか、投身自殺が一般的なせいかはよく分からない。実際のところ、都市は解決したあとの話には興味がない。あれだけでいいようだ。理解できる死かどうかってことが。私もボランティアでやっているわけではないので、すべての人の「ねじれ」を分析したりもしない。

今回担当したのは爆発事件だ。私が付けた事件名は「風船人間」だ。文字通り頭が風船のように膨らんで「パン」という風に割れる。火薬なしに起こるこの爆発は半径10メートルを血の海にし、範囲内の人間も全て爆発させてしまった。O社の巣のとある会社は5件の「風船人間」事件が起こるまで耐え、最終的に私に助けを求めた。「風船人間」事件の被害者の身辺を調査してみると一つ共通点があった。皆、サービス業に従事していたという点だ。

ねじれを解き明かすには様々な証拠を組み合わせなければならない。解明の過程は1,原因 2,説明 3,理解 4,認知で構成される。まず、ねじれの様々な「原因」を把握したあと、それらの因果関係を納得できるように「説明」する必要がある。その次にねじれが発生した原因を本人に「理解」させ、自分のねじれがいつ、どのように発生するか「認知」させたとき、どんな方向性であれ「ねじれ」は解決する。ここで解決するというのは私の目に見える「ねじれ」の形状が改善するという意味だ。そこそこ人間のような見た目になれば解決だ。

「風船人間」は宅配運転手、看護師、コールセンターのオペレーターなど、感情労働をしている人々であった。特にコールセンターの職員の場合、爆発半径が16メートルと一番大きかった。調べてみると、その会社ではコールセンターの専門会社に下請けさせて顧客相談を行っていた。コールセンターの職員はクレームを記録したあと、会社に報告するというやり方だ。このプロセスで問題が発生した。コールセンターの職員はただ不満を記録するだけであって、それに対しての専門的知識は持ち合わせてはいない。そんな職員にいくら訴えかけてもよくならないにもかかわらず、顧客は酷い暴言を浴びせる。暴言はもちろん、脅迫まで。職員はただ、一方的にその人たちの感情を変わりに受け止める便器のような役割を果たしてきた。

感情労働に従事する人々は、笑顔や明るい声で他人のストレスを受け止めてきた。しかし、彼ら自身の不満を排出する場所は無かった。結局、出ていくより入っていく方が多い状態になった。こういった訳でその人たちの頭は段々と風船のように膨れ上がったが、表情は平穏だった。その顔の裏の爆発的なストレスが臨界点に到達した瞬間爆発してしまう。それなら私がやるべきことは単純だ。私から見て頭がパンパンに膨れ上がった人のリストを作成して会社に渡し、そうしてその人たちは仕事を失った。会社は時間を掛けて膨れ上がった頭を小さくしようと努力しなかった。私の仕事はいつも「理解」と「認知」の段階に入れないまま終わる。

そうやって「ねじれ」を解き明かしたとしても問題が解決するわけではない。何はともあれ、そのストレスは爆発するようになっている。しかし、私に依頼した人々にとって、その人たちの問題は些細なものでしかない。非常識的な現象の停止と責任の回避のみが目標なだけ、その原因に関しては興味がない。私もそうだろうな。私たちは何か大切なものを見逃しているかもしれない、という考えが頭から離れない。これからも私はしばらくの間は「ねじれ」を追うことになるだろう。私の目にこれ以上「ねじれ」ていないものが見えないから。

私は鏡を見ている。私の姿だけは「ねじれ」ていない。全ての人間が「ねじれ」ているのに私だけがそのままだというのは、すでに私が「ねじれ」たからなのだろうか。「ねじれ」た人、通り、そして都市を見つめながら、世界が「ねじれ」ていると推し量る。もし、この世の「ねじれ」がこのまま続いて臨界点に到達したとき、どういう結果が待ち受けているのか私には見当がつかない。

そのときが来るまで、私はねじれを眺めるのみ。私はねじれ探偵だ。

OTHER SNAPS