LOG IN

【2話横書き】ねじれ探偵「自家撞着」【公認日本語訳】

by アマノケイ

モーゼス、エズラ

「間抜け……。」

私は小さな声を怒りで震わせながら離した。エズラが今回もやらかした。ねじれに余計な詮索はするなって何度も言ってたのに。エズラが小さな声で囁いてきた。

「うあああぁぁ……探偵さん!探偵さん!どうしましょう!?」

「あっはは、すみませんねぇ。私の甥っ子がまだ世間知らずでしてぇ!私の可愛い甥っ子ちゅぁん~探偵って?また変なもので見たのぉ?可哀想にぃ……。」

「……頭がおかしいのか。またロクでもないこと言って営業妨害するなら警備員を呼ぶぞ!」

料理長が声を荒らげた。料理長というにはみすぼらしいレストランではあるが……。

「はぁ~い、ちゃんと面倒見てますねぇ~!」

「正気か?ただでさえ客もいないレストランで『うわぁ~。ホンット不味いですね!おまけに汚いし。料理は誰から教わったんですか?』だって?」

「でもホントに味もクソもなかったのに……。」

「食べ歩きでもしに来たとでも思ってるのか?勝利が不味くてもグイグイ詰め込んで雰囲気と人を探らないと。」

「でもきっとあの料理が失踪した原因ですよ?あれ食べてみんな頭イカれてどっか消えたんですよ。」

「減俸。」

「はぃ!?」

「25%減俸。」

「うわぁぁぁん探偵さん!勘弁してください!」

私はコートの内ポケットからキセルを取り出して咥えた。事件が上手く解決しなさそうな感じがしても、最終的にはいい感じに解決するだろうと思いつつ、煙を吸い込んだ。私は14区のフィクサーだ。真ん中くらいの5級フィクサーで、情報調査協会であるセブンにも加入している。未解決事件の解決生計を立ててる。未解決事件といっても、実のところ私が担当するのは大体ねじれに関するものだけだ。まだ都市はねじれに対してボケっとしてるみたいだ。私はその部分を上手く掘り下げていってお金を稼ぐだけだ。私には才能が1つある。人々のねじれが見れる、そんなクソッタレな才能が。

「それで探偵さんの目にはどう見えたんですか?」

「下半身が蛇だ。そして尻尾には手がついてる。尻尾は7本くらいあるみたいだな。」

「うへぇ~。上半身は人間ですか?」

「そうだ。汚い調理服を着た人間が見える。」

「探偵さんの言うとおりならねじれが半分くらい進んだってことですよね?ざっと1週間位は残ってるかなぁ……。」

「状況によっては今夜でもおかしくはない。あの尻尾に付いてる口が腹をすかせてるのか、涎をダラダラ垂らしながら激しく動いてるからな。」

「とにかく爬虫類系ってことですよね?どれどれ……スティグマ工房の武器が良さそうですね!」

「高いもんばっか選ぶんだな。」

最近ねじれの流れが変わって、ねじれの発現が早くなっている。いや、正確に言うと人々が意識を失ったとき、ねじれが発現する。私が見る限り、半分くらいねじれた人間が眠ると怪物になる。中途半端な化け物は中途半端な事しか引き起こせない。

ツヴァイ協会から私たちの事務所に依頼してきた。最近、治安担当区域のホテルで夜な夜な客が消えているとのことだ。しかも14区の裏路地は録画禁止区域なので映像資料もない。ホテルの出入口は2ヶ所。正門と厨房に通じる裏口だけだが、少なくとも失踪した客のうち、正門から出ていった人はいなかった。組織が襲撃したわけでもない。なにはともあれ、ツヴァイ協会の担当する治安区域だったからだ。

「探偵さん探偵さん。ホント厨房で何が起こってるんでしょうね?」

「ねじれが一番ひどいのは料理料だったし、疑ってかかって損はないだろう。」

夕暮れ時。私たちはホテルの食堂に潜入した。高い金を払って買った「妖精」が鍵穴に入って扉を開けてくれた。ねじれみたいな中途半端な化け物よりは、正直言って特異点の方が化け物みたいだな。

「うわぁ~なんかパーティーでもやってるみたいですね?」

「みんな何を食べてるんだ?」

赤い照明の下、肉塊たちがテーブルに着いて何かを食べていた。テーブルの上には革でできた袋のようなものが置かれていて、その中から何かを取り出して食べる。吐き気を催す臭いが鼻を刺すと、その瞬間気が遠のく。

「見るな!絶対あいつらが食べるものを見つめるな。息も吸うな!」

「頭おかしくなりそうです、探偵さん……。あの中、凄く居心地良さそうに見えますよ?寝袋みたいです……。」

「寝袋って言ってるやつに入った瞬間、喰われてクソになるんだ。」

「……。」

エズラの気が遠のき始めたようだ。力いっぱい鳩尾を殴った。音は聞こえないように。

「グェッ。」

朦朧としてたエズラの目に光が戻ってきたことを確認し、ポケットからハンカチを取り出してエズラの鼻を塞がせた。

「しっかりしろ。厨房に行くぞ。」

ガツガツ食べる音を背にしたまま、身をかがめて厨房に向かった。厨房には長蛇の列ができていた。人々が一人ずつ厨房に入っていき、少しすると人間の形をした肉塊が革でできた袋を持って厨房から出てくる。そして食卓に座り、袋から何かを取り出して食べ始める。厨房に入っていく人たちは……失踪者だった。

「人間を魅了する食べ物なのか……。」

「探偵さん、何を食べてたんでしょうね?」

「今からはそれを調べる番だ。行くぞ、助手。」

列に並んだ人たちはずっと何かブツブツ言ってるだけで、私たちに興味を示さなかった。廊下の端の厨房への扉が開いてるのを確認した私は、コートの内ポケットからキセルを取り出し、エズラも私と同じように鞄からスティグマ工房の剣を取り出した。準備を終えた私たちは、列を通り過ぎてゆっくりと前に進んだ。

「……入るぞ。」

カチャカチャ。厨房の中で料理をする音がせわしなく聞こえてくる。そっと中を覗いてみると、料理長が尻尾に付いた手で料理道具を握りながら何かを料理していた。一体何を料理してるんだ?人々に何を食べさせているのか……。気になって、厨房の中をもっと詳しく探るため、さらに身を乗り出した。料理長は、厨房の中に入って自ら頭を差し出す人の頭を割いて……中から何かを取り出した。

「探偵さん。あれ、なんでしょう……?脳じゃないとは思うんですけど……。」

「考え……か?」

「はい?そんな事ができるんですか……?」

「ねじれというのがそういうものだ。見えないものを実体化するんだ。」

自分の考えを料理長に渡せばそれを料理してくれて、皮膚を剥いで作った袋に入れてくれるだとか……相当悪質だな。その瞬間、エズラとの会話に気づいて後ろを振り返った料理長と目が合い、私は短く舌を打った。さっきまで楽しくて鼻歌まで歌いながら光っていたその瞳が、私たちを見た瞬間に鋭いものへと変わった。

「お前たちは昼の頭がおかしいやつらじゃんか!料理を食べたいなら列に並べ!昼に食べたのとは次元が違うだろうよ?」

「人に何を食べさせているんだ?」

「人が食べたいものを食べさせているんだ。俺は考えを料理してるんだ。最近の人は自分が何を考えているのか分からないせいで、誰かが美味しく料理して食べさせてやらないと。」

眉を軽く寄せた。考えを料理するというのは到底理解できるものではないが、既に人は死んでるので引き返すことはできない。殺人を犯すねじれは……危険ランク3に該当するねじれだから。

「人を殺すだなんて……」

「殺す?あいつらは死んでない。美味しく料理を食べてるじゃないか?これで平凡な食べ物だけじゃ人々に幸せを与えることはできない。自分がどんな人かを知って、どんな世界に生きてるのかを知ってこそ味を感じられるんだ。」

パッと見てもちゃっちい怪談レベルだな、短く一言吐き捨てるや否や後ろから粘っこい人気とエズラの悲鳴に近い大声が聞こえてくる。2つの問題が同時に頭を飛び込んできて、少しの間目をつぶって闇の中に佇んだ。

「うわぁぁ探偵さん!食堂にいた肉の塊が押し寄せてきました!!」

「お前たちは味わったことがないからだ……お前たちの考えがどういう味か、味わわせてやる……。」

「エズラ……片付けろ。」

先程まで驚いて悲鳴を上げていたエズラは、いつからそうだったのかとばかり「はい」と答え、スティグマ工房の剣を持って素早く体制を整えた。剣が朱色に光りながら特有の文様を描く熱線が熱くなる。エズラが迷いなく剣を振るうと、断面に美しい文様が残したまま肉塊をさばいていった。スティグマ工房の特鳥だ。広がる焼き肉のような臭いを吸い込みつつ、後はエズラに任せ、私は首を戻して料理人を見つめた。

自我を持ったまた被害をもたらすねじれは最終的に排除の対象だ。たまに排除できないねじれにも出会うが、大体の場合は攻略法があるものだ。特にこういう類は簡単だ。

「それならお前は、自分の料理を食べたことがあるのか?」

自己矛盾。他人のためと言いながら、人に被害を与えるねじれは矛盾に陥りがちだ。

「……。」

「自分が食べたこともない料理を他人に喰わせるのか?何を根拠に美味しいと言い張るんだ?」

私がゆっくりと口の端をつり上げながらキセルを軽く振ると、コックは震える声で声を上げた。

「……俺の料理は絶対旨いんだ!食堂に来る客の顔はいつもムスってしたた。いくら美味しい料理を振る舞っても鬱蒼とした顔は消えなかったんだ。自分の考えがないからだ!」

「料理が旨いか、顔さえ見れば分かるって?味見をしないなんて、料理人失格だな。」

「ううっ……料理もまともにやったことがないお前らが何ほざいてるんだ!」

「少なくともあんたの料理がお粗末だってことは分かる。昼に料理の味がサイテーだって言ってたあの甥っ子、人の心を呆れ返るほど上手に見抜くんだ。

助手を雇ってよかった、だろ?私の言うことを聞いてだんだんと過熱していた料理長は固唾を一回ゴクッと呑みこんで、大きくて重々しいナイフを持って私のことを睨みつけた。料理人の手が少しずつ震えるのが視界の端に映る。そして続くは暫しの戸惑い。

「はっ……!今からお前が間違ってるってことを証明してやるからな。許しを請う準備をきちんとしておけよな!」

「もちろん。土下座でもするから。」

酷く震える手が自分の頭へと向かった。その瞬間、何かドロッとしたものを斬る音やギシギシと掻き回す気持ち悪い音が聞こえてきたので、私は目を閉じてゆっくり息を吐き出した。目を開けたときには料理長の頭から、光りながら揺らめく何かがほとんど取り出されていた。

そしてその「考え」というものが殆ど抜き出されたとき、料理長はそのまま倒れた。

自分の考えを味わえないまま、料理人はこの世を去った。

「探偵さん!全部片付けました!」

「こっちも片付いた。」

「それじゃあツヴァイ協会に連絡しますか?」

「そうだな。報告書も適当に書いとけ。どうせ考えを抜き取って料理するとかなんとか書いても信じないだろうし。私は先に帰ってちょっと眠ってるから。」

「は~い。」

「モーゼス探偵さん、おはようございます!今日はちょっと出勤が遅かったですね?」

「ああ、今日もハムハムパンパンの行列が長くてな。都市の北部にできたばっかりだからかな。」

「あっ……ハムハムパンパン……。もしかして私の分もありますか?」

「ああ、そうだと思って。からし味、好きだったろ?」

「へへっ、からし味だ!あっ、ツヴァイが依頼費送ってきました。」

「早いな?大体1日くらいで送ったってことはテキトーに書類処理したんだろうな。」

「それより今回の事件は、結局料理の実力で認められなかった料理人がねじれた方法で人々に幸せを与えたかったみたいですね!」

「粗末な話だったな。最近ねじれを直接処理する仕事がうんと増えたし。」

「一体他の翼や協会ではどうしてこんな生ぬるいんですか?やたらと化け物が発生してるのに!」

「ピアニスト以外は都市疾病級にもならないやつらだからな。」

「だからってこんな時限爆弾みたいな現象をそのままにしておくんですか!?」

「ねじれで死ぬ人より、組織の殺される人の方が多いだろうな?」

「それはそうと、私の減俸は無しですよね?あのデタラメ料理人の料理が原因だったじゃないですか!」

「チッ、無駄に記憶力が良いんだな。」

「聞こえてますよ!」

次  -

この部屋は息をしている。呼吸を感じる。鼓動が響く。今まで何人を飲み込んできたのかは分からない。私の前に一人寂しく死んでいく老人が立っている。部屋の呼吸よりも老人の方の息が小さい。この老人は忘れられたまま人々を閉じ込めた。老人が忘れられる程に、閉じ込められた人もまた忘れられた。

OTHER SNAPS